ステッパー買っちゃいました!作業と同時に運動も!人生が2倍になると言っても過言ではない!①

こんにちは、毎度どうも草間です。じつは…

ずっと欲しかったステッパーを買っちゃいましたーー!

うおおおおおお!!

あのパレオさんが普段から使っているとのことで、それはもう喉から手が出るほど欲しかったあのステッパーをついにゲットできたんですよひゃっほー!

あ、すでに前回の記事でも軽く触れたのですがステッパーというのはこういうやつです↓(あ、後ろにクッションが巻きつけてありますが理由はのちほど。)

こいつは左右のフットプレートに左足と右足をそれぞれ乗せて、交互に踏み踏みすることで、その場を動くことなくウォーキングできちゃう代物。

台の下についている油圧シリンダーが足にほどよい負荷をかけてくれるので、普通のウォーキングよりも高い運動効果が望めちゃう便利な運動器具なのです。

さて、まずはこのステッパーを使うとどんな良いことがあるのか説明していきたいと思います。

思い立ったら即運動を実現できる!

このステッパーのいいところはなんと言っても、家の外に出なくても運動ができちゃうところ。

運動って、大抵広い空間を必要とすることが多いじゃないですか?

だから外でランニングするにしろ、ジムやフィットネスで室内トレーニングするにしろ、家を出ていかなければいけません。

手軽な運動の類である縄跳びだって、まぁ家の中じゃなかなか出来ない。

靴はいて道具を揃えて出かけるっていうのはなかなかに億劫なことですし。

その上コロナの影響も相まってなおさら外には出づらいこのご時世(2021年2月現在)。

そんな時!ステッパーさえあれば、雨だろうが、雪だろうが、家を出なくていいからいつでも即運動ができる!

どんなに部屋が狭くたって、ステッパーを置くスペースさえあれば運動できちゃうんです!

脳機能の改善にも効果あり

 

運動というと体が健康になるというイメージがあると思いますが、それだけじゃないんです。

最近の科学では、運動は実は脳にもいいってことが段々分かってきたみたいなのですよ。

いつもお世話になっておりますパレオさんのこちらの記事によりますと
参考:歩くだけでも頭は良くなるんだから歩かない理由がないですな

ウォーキングをすると脳の神経回路が増えたり、斬新なアイディアを思いつくための創造性が上がるそうな。

またコチラの記事によると
参考:勉強後の5分で記憶の定着率をガンと高める方法が発見される

何かを学習したあと5分間ステッパーを踏むだけで、記憶の定着率が上がっちゃったみたいなんです。

パレオさんご自身も原稿を書く時は、ステッパーを踏みながら書いているそうなんで、恐らく生産性アップにも効果があるんでないかと草間は睨んでおります。

ちなみにパレオさんて本当にとんでもなくて、年間5000もの論文を読み、毎日2本のブログ記事を書き、そして一年に書籍もいくつも出している(しかも最近そのペースが上がってきた)超生産性が高い方なんですよ。

こりゃ真似して歩きまくっていくしかないでしょ!

絵を描いたりブログを描いたりするのにも当然良さそう

となるとですよ。

絵を描いたり、ブログを書いたりするうえでもウォーキングは武器になるはず。

絵もブログもどちらもインプットが大事です。

本を読めばその内容を覚えなければなりませんし、絵の模写をすればその過程で得た知識やコツや感覚を記憶に残していく必要があります。

もしウォーキングによって脳の記憶力が上がっていれば、より学習や練習が効率よく行えるということになりそうじゃありませんか。

ステッパーなら作業と運動を同時にできる

とはいえ、学習や模写の直前や直後にウォーキングをするだけでも十分効果は望めるはずなので、ステッパーはまぁ特になくてもよさそうなものです。

が、ステッパーの偉大なのは作業と運動を同時に可能なところ!

別々だと、たとえば外でウォーキングを30分してから、仕事や絵やブログをしたりしてという感じになるので、結構運動に時間を割かなければなりません。

理想を言えば一日一万歩は達成したいのですが、それだと30分どころか2時間くらい散歩をすることに。

さすがに毎日それをやっていたら健康にはよくとも、時間が取られてしまう分生産性がどうしても落ちてしまうというジレンマがあります。

しかし!ステッパーを使えば運動と作業が同時にできちゃう。

一挙両得、一石二鳥!二兎を追う者二兎を得ちゃう!

ステッパーは超いいとこ取りの時間の使い方を可能にする時短アイテムなのです!

人生を2倍にきると言っても過言ではない!

 

というわけでっ!次回はステッパーを実際に使ってみた感想や、使用中起きたプチトラブルなどについてを書いていきたいと思いますっ!

今回もお読みくださりありがとうございました!

 

関連記事

Check Featured Posts
メニュー