格安液晶タブレット wacom one 開封の儀

こんにちは!草間です。
前回は実際にワコムから出た格安液晶タブレット、「Wacom One」の使用感などをレビューしてみましたが、今回は箱の中身は具体的にどんなのや!ということでツラツラと画像を並べていこうと思います。

実際に使ってみた感想などは前回の記事を御覧くださいませ~~!
wacom one 使ってみたぞ!購入レビュー!

開封の様子!

まずは箱!ワコムって感じのデザインですね~。
それにしても、どうして今回はCitiqでなくて、Wacom Oneなんて名前にしたのだろうか…。
最初この名前を知った時に板タブだと思ってから、しばらくそのままでしたよ。

さて箱から中身を引っ張り出すとこんな感じ。ワクワク感が高まります。

おおお!なんか黒い袋入ってました。きっとこのなかに本体が…!

ふふふふふ!

黒い袋たちを取り出したあとの箱の様子。さらに下に周辺機器系が入っているご様子。

というわけで、アダプターとかコードが入っておりました。

入っていたものを全部取り出してみた様子。内容はこんな感じです~!コード類も最小限でPC周りがあまりごちゃつかなそうなので嬉しい。

説明書もこんな感じ。ほとんどテキストによる説明がないのが今どき。わかりやすい。

付属の標準ペン。黒白デザインで特徴的ですね。ボタンもついてます。

液タブ本体の裏側。こっちも黒白なパンダ的デザイン。

スタンドを開くと、中から替えの芯が入っておりました。これならいざ交換という時に「替芯どこやったけ~~!?」と部屋中探し回ることもなくてよいですね(←お前だけだよ)

スタンド状態にするとこんな感じ。ほどよい角度で描きやすそう。

こちらは電源アダプター、合体して使う仕様のようです。

こちらにコードを射し込んであげればOK。

タイプCケーブルを本体に接続しているところ。

完成~~★

使ってみた感想はこちら↓

wacom one 使ってみたぞ!購入レビュー!

今回紹介したアイテム↓

【Amazon.co.jp限定】 ワコム 13.3インチ 液晶ペンタブレット 液タブ Wacom One 13 アマゾンオリジナルデータ特典付き DTC133W1D

関連記事

メニュー