心理

記憶力と集中力アップにはローズマリーだ!

こんにちは!草間です!

飲んだり香りを嗅いだりするだけで頭がよくなってしまう!
そんな魔法のようなアイテムがこの世には存在してるんです。

え?そんなものあるわけない?

それがあるんですよ(もったいぶり)

というわけで、今回ご紹介するのはコチラ!

ローズマリー!!

料理なんかで使ったりしますよね。

ローズマリーとはシソ科の多年草の植物で、地中海地域に自生しています。
臭み消しや風味づけとして料理に使えるハーブとしても有名です。

実は草間は最近このローズマリーに可能性をちょっと感じておりまして、
もしかして勉強のお供に凄く良いんじゃないかと、生活に取り入れ始めております。

そう!なんとこのローズマリー、記憶力や認知機能を上げる効果があるみたいなんですよ!

ローズマリーで記憶力アップ!

ローズマリーは古代から記憶力や集中力を高めるハーブとしてよく知られていました。
英語圏でのローズマリーの花言葉は「Remembrance」つまり「記憶」です。

そんな昔の人たちが感覚的に分かっていたローズマリーの効果は、現代の科学研究で確かめられています。

たとえば!↓

2012年の研究では、1日あたり750mgの用量のローズマリーを摂ると認知機能に良い効果が出たとのこと。
(6000mgの用量を摂取すると悪影響が出たそうな、何事もほどほどが肝心ですね)。

2017年のある研究では、ローズマリーのエッセンシャルオイルをディフューザーで焚いて吸うと、
数字を記憶する力が上がることが確認されたそうです。

草間が使っているのはこちらのiHerbさんにて購入したデュフューザーでございます。

草間も、まだローズマリーをとり入れ始めてそんなに経っておりませんが
もし本から得た知識や、イラストを練習した内容を記憶するために、少しでも効果があればめちゃくちゃ嬉しいじゃないですか。

記憶力や集中力をアップさせる方法として、他にも運動だったり食事の質を上げていくことなどが挙げられます。
これらの方法が根本的に脳を改善できる最良の策だと個人的には思ってるんですが、
やはりサプリで取れるというのは最も手軽でハードルが低く、導入もしやすくお手軽です。

もちろんそれらの方法を組み合わせたらなおのこと良しなのでは!?
…ということで、草間は朝30分のウォーキングで脳への血流を上げて活性化させたのち、
ローズマリーのアロマをたいて、読書やブログ執筆、イラストなどの作業に入っていくことにしています。

また、植物のローズマリーをそのまま机の上や窓辺などに置いて育てておけば、観葉植物として日頃のストレスも軽減してくれ、さらに少し葉っぱをこすってあげれば、アロマを焚かなくてもあの特有のいい香りを吸うことが出来ます。

正直まだローズマリー単体での効果はわかりませんが、運動や食事によって記憶力が以前より既に大分上がっている感覚があるので、ローズマリーのサプリやアロマはダメ押し的に取り入れてます。

実際、サプリを取り扱っているiherbというサイトでも、使った人たちによる「記憶力が上がった」というレビューがいくつかあったので期待大です。

注意点・副作用などはあるの?

基本的には安全なようです。推奨量以上を摂取すると、発作や嘔吐が生じる場合もあるそうです。

また、ローズマリーサプリを飲む場合、欠点というほどの欠点でもないですけど、
飲むとなぜだかゲップが出やすくなります。(ローズマリーの匂いがする)

まとめ

どうでしょうか?
アロマにしろサプリにしろ、価格もわりと安価で手に入るので、導入のハードルはわりとオススメですよ。
他にも記憶力をアップさせるお手軽な食べ物といえばブルーベリーがあります。
定期的にローズマリーとブルーベリーをとっていれば脳の機能もかなり改善するかもしれません。

受験生だった過去の自分にぜひ教えてやりたいぞ…!

おすすめ

参考

ローズマリーの健康上のメリット

関連記事

メニュー