液タブ作業時のキーボード台を200円で作ってみたぞ★

こんにちは!草間です。

今回は草間が最近買っちゃいました液タブ、Wacom One作業時のキーボードを使いやすくするための台を作ってみました。

液タブだとショートカットをどうするか問題

液タブというのはその性質上、どうしてもショートカットを使ったり、Googleでなにか調べるためにタイピングをする時にどうするのかが問題になってきます。

平たく置けばキーボードも使いやすいのですが、画像↓のようにタブレットにスタンドを立てて角度をつけるとキーボードがとても使いにくくなっちゃう…。
う~ん、すごく窮屈!!

世の中には左手キーボードなんていう便利な代物がありまして、液タブユーザーさんは結構そちらを使ってることも多いのです。
が…!草間はキーボードでのショートカットが慣れているのと、途中途中で絵の資料を検索したり、ブログの執筆とブログで使うイラスト制作を同時並行することが多いので、どうしてもキーボードを使いたい!

このままではとても不便極まりないので、じゃあ台とかの上にキーボードを置いて、高さをいい感じにしてあげれば使いやすくなるんじゃないと思ったわけです。
こんな感じに↓

というわけで作ってみた!

本当は丁度いい高さの台が見つけられれば良かったのですが、残念ながらすぐには出会えなかったので自作することに致しました!
なるべく安く済ませたかったので、100均(セリア)で材料を調達!

買ってきたのはこの2つ。
木製 立方体 30×30×30mm 12個入り ×1
木板 焼き目付 45×15cm ×1
(家になければ木工用ボンドも買ってね)

 

目指すイメージはこんな感じです。使う道具は木工用ボンドのみ!木の板のサイズが丁度よかったのもあって、ノコギリすら使いません。簡単!

では実際に作っていってみたいと思います。

まずは台の柱となる立方体を木工用ボンドでくっつけていきます。12個入りだったのですが実際に使ったのは8個でした。もっと高くしたければもう1個ずつ継ぎ足してあげてください。

全てくっつけました。

そうしたら今度は出来た立方体の柱を板の四隅に同じく木工用ボンドでくっつけていきます。

出来ました↓。ちゃんとはかったわけじゃないんですが、スムーズにいけば10分くらいでできる?何しろやること木をボンドでくっつけていくだけなんで、めちゃめちゃ簡単ですからね。
ちゃんとボンドが固まるまで待ちます。

完成~~~!!!!

木の色が結構よさげなおかげでわりと様になっておるんじゃないでしょうか!??(ちょっと嬉しい)

早速キーボードのせてみましたよ!↓

思っていた以上にイメージ通り!高さなんかもスタンドを出したsWacom Oneとピッタリになりました。

タイピングもこのように楽々!↓
これで液タブを使った作業がはかどるぞ~~!!

まとめ

それにしても工作なんていつぶりだろうか…。
なんて草間でも簡単に出来たので、Wacom Oneを買ってキーボードが使いにくいな~という方はぜひ参考にしてみてください。
100均で揃うのでオススメです!

関連記事

メニュー